特徴

機械

誘導鍛造機

誘導鍛造とは、誘導加熱器を使用して、鍛造および成形の前に金属を予熱することを指します。通常、金属は、展性を高め、鍛造金型での流れを促進するために、1,100〜1,200°Cに加熱されます。誘導は酸化を少なくし、加熱温度と時間を制御しやすく、急速に加熱し、鍛造ワークの品質を確保し、鍛造機の工具を保護します。全加熱用誘導ビレット加熱ライン部分加熱用スロットインダクターを備えた誘導加熱装置統合誘導加熱ライン:インダクターを内蔵した誘導電源、必要なスペースが少なく、PLC制御。

Induction forging refers to use an induction heater to pre-heat metals before forging and forming.  Typically metals are heated to between 1,100 and 1,200 °C to increase their malleability and aid flow in the forging die.

Induction produces less oxidation, easy to control heating temperature and time, heat rapidly, ensure good quality of forging work piece, protect tool of forging machine.

Induction billet heating line for total heating

Induction heating equipment with slot inductor for partial heating

Integrated induction heat line: induction power supply built in with inductor, less space requirement, PLC control.

20年以上の経験

誘導加熱業界で

製品設計研究は、Duolin Engineerチーム、機械寿命サービスによって開発および保守されています

成都

デュオリンエレクトリック株式会社

ガスや石炭の加熱の代わりに、新しいグリーンで高速で省エネの加熱方法が登場します。これは高効率の電磁誘導加熱です。誘導加熱技術は1956年に中国に導入され、ソビエト連邦から導入され、主に自動車産業で使用されました。Zengxiaolin氏とその妻の創設者によって名付けられたDuolinは1994年に設立され、最初のIGBTソリッドステート誘導加熱機とZeng夫人を研究しました。 2007年に国際販売センターが設立され、Duolinは海外市場を開拓しました。

map